FC2ブログ

洗車の話 4

前回で洗車(洗う)が完了した訳ですが・・・・
この後、水分を拭き取ってゆく。
もしくはワックス、コーティングを塗布する。と言う工程になります。

この「ワックス」、「コーティング」というヤツ色々な種類があり
人それぞれ好みもあろうかと想います。
人様の好みを否定するつもりはありませんし効果の感じ方もそれぞれの感性ですので
あくまで私の主観で書いてゆきます。

まずワックス、昔はシュア○○ターを好んで使っておりましたが・・・
前回にも書きましたが車は洗えばキズが付く。正確には擦れば(撫でれば)ですが。
と、言う事は・・・・
ワックスの塗布、拭き取り、この2工程はわざわざキズを増やしていると言う事。
ましてゴシゴシとこすり倒すのだからこれでは本末転倒です。
そしてワックスは塗った直後はいいのだが意外と耐久性が無く更には
油膜、水垢の原因になる。そのくせ通常の洗車ではその汚れは落としにくい。
と言う訳でワックスは卒業しました。
じゃぁ何もしないのか?と言う事になりますがそうもいかない。
ツヤの演出、塗装の保護はしておきたい。
で、「コーティング」と言われる物の中から良さげな物を探す事にした。
で、色々調べてみると艶に特化した物、耐久性に特化した物、
塗装保護を謳った物、手軽さを売り物にしている物など等・・・・
まぁ~調子のいいコトを謳った商品がコレでもかと溢れてる・・・・・・・・・
しまいにゃあ”洗車と同時にコーティングが出来る”などと謳っている物まである。
汚れ落としが完全に出来る前にコーティングが効いてきたら
かえって汚れが落ちにくくなるじゃないか! こんなモノは・・・あかんやろ!
と、悩み始めたらキリがない。・・・・・

で、色々吟味の末、コレに落ち着いた。

IMG_180725-1.jpg
   カーピカネット、コーティングシャンプーGモード


サイトはコチラ

carpikalogo.png

https://www.carpika.net


カーピカネットと言う大分県のショップオリジナルの商品

洗車と同時にコーティングが出来ると言うスグレモノです!


          おいっ!!

    オマエ・・・ さっき何て言った??「こんなモノはあかん」とか言わなかったか?



         そう、そのツッコミ当然だと想います。

まず「シャンプー」としての性能、決して悪いわけではないのだが
私はアテにしていない。しかし、コーティングとしての性能に惚れた!
詳しくはサイトをご覧いただければいいので割愛します。

私はシャンプーでしっかり洗浄する事を基本としていますので
予め汚れのほとんどない状態にしてから使います。
泡立ちの良い状態で塗布しますのでシャンプー感覚というか
それよりもより手軽に素早く塗り広げることが出来ます。
ゴシゴシしなくても付着さえしていれば効果は出ます。
泡の形態なので塗布忘れも確認しやすいですし
入り組んだ所へも入り込みやすいく洗い流しも楽です。
もっと言えば、もし汚れが残っていたら汚れ落としも出来ます。

       と~っても手軽で便利なのです。

で、主観的な感想としては・・・・・・・・・

           いいっ!!!!


凄い撥水はしませんが初めてスイフトに使って拭き上げた時の印象は

           色が濃くなった?  でした。

どうやら成分が洗車キズに入り込んで乱反射を抑えるみたいで
洗車キズが目立たなくなった(消えはしない)事もありで艶感がグッと向上した。
なにより次回の洗車の際に汚れの落ち方が良い。
付着してはいけないとかの制約もなくとても扱いやすいです。
窓ガラスにも使えますのでウインドウ撥水剤代わりにもなる(あくまでも代用)。
油膜にならないので雨天での視界も良好だし走行風で雨粒がパラパラ流れてゆく。
なのでガラコの使用はフロントガラスは洗車3回に一回程度、
その他のガラスは半年くらいほったらかし。でもウロコは出来ない。
サイドミラーに至ってはガラコ塗ったことが無い。
それでも視界良好!

前回の洗車からの雨降りの回数や汚れ方など状況は様々ですが
私の場合、おおよそ洗車2回に1回くらいでGモードを塗布しています。



最近、手軽にツヤ出しが出来る事を謳った○ウォーター(あれ?伏字になって無い?)
のような物をカーショップ等で見かけますが使用した方の感想など読むと
やはり「そこそこ」みたいな感じだし・・・・・
能書きほどの効果、実感を得る商品は少ないのでしょうかねぇ。



さて、本筋に戻りましょう。

IMG_180725-2.jpg
     因みに、Gモード、この位でドア1枚塗れます。



Gモードの塗布後、濯ぎが終わったことにして・・・・・水の拭き取りです。

拭き取り前の水の掛け方を工夫すれば車体に残る
水滴の量を少なくすることが出来ます。

IMG_180725-3.jpg
         サラサラとシャワーで散水


IMG_180725-4.jpg
        ザバ~ッと掛けると一塊になって流れ落ちる。

このようにしておけば拭き取りが楽になります。

「拭き取り」とは水をクロスに移し取って車体から水を取り去る事です。
タオル(クロス)で掻きとる物でも擦り取る物でもありません。
なので吸水力が高く塗装に優しい(傷をつけにくい)物が理想です。
高価な物なら3000円以上する物もありますが・・・・なかなか・・・手が出ない。

私は深夜の通販で金髪のお兄ちゃんとお姉ちゃんがわざとジュース溢したりして
超ハイテンションで紹介していた吸水クロスセットの”バッタもん”を使っています。
ホームセンターで700円くらいの物で2分割して使用。

IMG_180725-5.jpg
   解りやすくするため水滴を残しています。

クロスを広げて端を持ってす~~っと引っ張る(引きずる)ようにして
水をクロスに吸わせてゆきます。
クロスを折りたたんで力を入れて持つとかえって吸水しにくくなる事もあります。
とにかく、楽に効率よく吸い取ってゆきます。
拭いてる時間より絞ってる時間の方が長いくらいに感じる時すらあります。
(この作業はあちこちの動画などでも紹介されていますので参考にして下さい)

ボディの拭き取りが終わったらドア、ハッチ等開閉できるところ
総て開いて裏側(内側)の拭き取りを行います。

IMG_180725-6.jpg
 ピラーやドアの内側。使い古しのクロス、雑巾で充分。


IMG_180725-7.jpg
   ゴムパッキンも結構汚れてるので拭き掃除がてら・・・



IMG_180725-8.jpg
     ドア、ハッチを開いた時にココが綺麗だと気持ちいい



すべて拭き取りを終えたら 終了!!  と、逝きたいところですが・・

ドア、ミラーの下の水抜き穴やフロントグリル辺りからトロリ、ポトリと水が垂れてくる。
放っておくと跡が残るのでこれを何とかしたい。
それとブレーキローターの錆びを落としておくために少し車を動かす。

これは状況が許せばの話ですので参考までに・・・と言う事で。

他の車、歩行者など充分に安全確保の出来る状態でゆっくり発進させて
5~6メートルくらい軽くブレーキに足をかけて滑らせローターの錆び落としをします。
そしてカツン!と急ブレーキ。今度はバックでゆっくり動かしカツン!とブレーキ。
数回行い元に戻す。車体を揺すった事により
隙間に溜まっていた水が出てくるので拭き取ります。
この時に出てきた水は隙間に残っていた泥(砂)を連れて
出てきている可能性がありますから雑巾で押さえるようにして水分を取り去ります。
擦ると泥(砂)がキズを作ることがありますので注意しましょう。
タイヤ、ホイールに水が残っていたら拭き取っておきます。


これで「洗車」は終わりなのですが洗車ついでにやっておきたい
ガラス、タイヤのケアを次回紹介します。



お時間がありましたら上部で紹介しました「カーピカネット」さんの
ホームページをご覧ください。
商品の紹介は勿論、洗車、コーティング、など興味深い記事が掲載されています。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

乙女ぱぱ

Author:乙女ぱぱ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR