最後の一匹ちゃん

ご近所・・・斜め向かいの軒下の5人(羽)兄弟のツバメの雛、
数日前から2羽が飛行訓練をしています。
そして昨日から更に2羽、飛行訓練に飛び立ちました。
今朝、ゴミ捨てに出たら我が家の軒先に4羽と親鳥2羽が並んで留まっていました。

       可愛いなぁ~~

子供たちは尾羽が短いのとアゴの毛色が薄いので見分けがつきます。
巣から飛び立ったとは言えまだ親鳥からエサを貰っています。

夕方には兄弟たちは巣に戻ってきますが
昼間は「最後の一匹ちゃん」一人ぼっちです。

IMG_14730.jpg
  なんだか寂しそうにも見えますねぇ・・・

親鳥に見捨てられないか心配してたけどちゃんとエサを運んできてます。


今日の午後、外へ出た時に何となく巣の方を見ると・・・居ない・・・??

道路の真ん中でじっとしている・・・・
親鳥が傍に居るけどどうする事も出来ない雰囲気・・・・・
落っこちたのか、焦って飛び出したのか何れにしても放ってはおけない。

脚立を巣の下に立て、軍手をはいて準備完了!

いざ捕まえようとすると ・・・・逃げる逃げる・・・・ 当たり前だが・・・
翼をバタつかせてはいるが浮く気配はない。 そして・・・・・・

 側溝の金網の隙間に スポッ と落ちた・・・・・・ 
 
    あ~~っ!!  難儀なことになった!

金網をめくりその金網で溝にバリケードをして反対方向から
デッキブラシで追い立てて何とか救出に成功。

捕まえてみると、まだ翼の付け根辺りに産毛みたいなのが残ってる。
これじゃあまだ飛べないわなぁ・・・・・

人間の匂いが付くと親鳥が見捨てるとか聞いたことあるけど・・・・・
大丈夫かなぁ???早く巣に戻して退撒しよう。

少し離れたところからしばらく様子を見てたら親鳥がエサを運んできました。


   よかった よかった

頑張れ! 最後の一匹ちゃん!!

スポンサーサイト

子育て真っ最中

ご近所の軒下ではツバメのヒナがにぎやかです。

親鳥がせっせとエサを運んできます。
ピ~ピ~と可愛い声を聴かせてくれます。


IMG_14725-1.jpg
      こちらのお宅では4羽が元気に育っています。


IMG_14725-2.jpg
     はいはい、順番ですよ~っ  


もう一軒の軒下でも大きく育っています。 親鳥は大忙しです

IMG_14725-3.jpg
コチラのお宅では5羽が孵りましたがなんだかお家が狭いですねぇ・・・・


IMG_14725-4.jpg
  あれれ?? 4羽しか居ないなぁ・・・・・

確か5羽居たはずなんだけどなぁ~と想ってよ~く見ていると
孵化が遅かったのか上手くエサを貰えなかったのか1羽だけ極端に小さい仔が・・・・
大きな兄弟たちに踏みつけられたりしてエサを上手く貰えないかもしれないなぁ・・・・
厳しい自然の掟には逆らえず淘汰されてしまうのかもしれないなぁ・・・・

こういう子を見ると大和君を想い出してしまい応援せずにはいられなくなるんだよねぇ・・・・
勝手に「最後の一匹ちゃん」と名付けて応援しよう。

IMG_14725-5.jpg
  頑張れ! 最後の一匹ちゃん!!

シーズン真っ只中

地元の揖保川では長い竿を持って鮎釣り(鮎漁)をしている人が沢山います。

そう言えば・・・・・・随分鮎食べてないなぁ~・・・・・・

もうすぐ80歳になる親父、いまだ車の運転もしますがやはり行動範囲も狭くなっている。
お袋はグランドゴルフに熱中しチャリンコであちこち走り回ってます。
元気なのを良い事に普段あまり顔を出していないし、
去年、我が家のリフォームの際に実家に2か月程厄介になったお礼も正式にしていなかった事もあり
今回は少し張り込んで父母を誘って鮎料理のお店へ行ってきました。

とにかく酒と魚が大好きな親父、鮎なんて家で買って食べる事ないし
シーズンを逃せば食べられない物だからこの機会に少し喜んでもらえたら・・・・と

少し意地悪してどこへ何を食べに行くか教えずにひたすら山の方へ車を走らせてるとお袋が・・・・
「アンタ、どこへ連れてく気?山ん中に置き去りにせんとってよ」 「心配せんでもちゃんと連れて帰ったるよ」
「美味いモン食べさせるとか言いながら姥捨て山に・・・」などと車中で馬鹿な会話をしながら
揖保川沿いを上流へ1時間ばかり遡った川魚料理のお店で
「鮎づくしコース」を堪能してきました。

店に着くなり「鮎食べさしてくれるんか? やったぁ~」と喜ぶ老夫婦、
もうそれでけで目的の半分達成したような感が・・・・・     よかったよかった。

IMG_14706-1.jpg
   前菜とお刺身 (俺は川魚の刺身は苦手なんだけどな・・・)

コース料理ってのは一品づつ出てくるのでお酒を飲まない私にはちょっと退屈なんだよなぁ~
続いて出てきた塩焼、食べ方についてあーだ、こーだ言ってたら写真撮るの忘れた。

IMG_14706-3.jpg
   骨だけになったけど一応写真撮りました。

で、鮎の塩焼の食べ方について、箸でほじくるのか、背中の辺りからカブリつくのか、頭からまるかぶり、とか
骨を抜いてからまるかぶり等・・・・・何でもいいんだろうけど 
初めて骨を抜くのに挑戦したら一応うまく骨が抜けました。 (少し気持ちイイ)

IMG_14706-2.jpg
  鮎のあめ煮  これは文句なし、頭からまるかぶりですね。

IMG_14706-4.jpg
  続いて稚鮎の天ぷら    これは初めて食べた。

後は鮎ご飯、香の物、お吸い物、デザートで終わり。(めんどくさいので写真なし)

折角の機会だからもう少しゆっくり居て「うるか」「鮎寿司」なんかも食べて見たかったんだけどお腹一杯になったし
これ以上居たら親父の酒の量が増えるので今回は帰ってきました。


    勿論、親父、お袋を山に捨てることなくちゃんと連れて帰ってきましたよ(笑)

プロフィール

乙女ぱぱ

Author:乙女ぱぱ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR