FC2ブログ

我が家のリフォーム 浴室 後編


紆余曲折、もめにモメて結局、タカラスタンダードの「ルーノ」に決定した。


IMG_150521-4.jpg

決め手は、やはり「ホーローパネル」 これは他のメーカーには無い魅力!

他のメーカーでは壁の掃除は「やわらかいスポンジを使ってください。」との事。
表面は樹脂なので硬いスポンジやタワシではキズを付けてしまいますが
ホーローパネルは平たく言えば「ガラス」なのでキズにならない(なりにくい)。

他にもフレーム架台構造の耐震設計、標準装備の断熱材 等々


オプションは風呂ふたを断熱風呂ふたに、シャワーフックバーを「手すりタイプ」にそれぞれ変更。
この2点は基本部材からアップグレードしたことになります。

そして、ダウングレードは以下の2点。
水栓、ドイツの「グローエ」製を日本製に。 マイナス3万円。
床(商品名タフロア・ハイグレード)をタフロア(スタンダード)に。マイナス2万円。
機能的にも見た目にもほとんど変わらないダウングレードで単純に5万円安くなりました。
その分で「浴室暖房乾燥付き換気扇」を付ける事が出来ます。
   (我が家は結果的には付けなかったけど・・・・・)

後からの取付変更が出来ないものがほとんどですので
細部までよく検討して決定する事が大切かな。と想います!


ここからは他の製品との比較ではなく実際に使用しての感想になります。

以前の、狭い寒い古いお風呂に比べて  当然ですが・・・・

        快適です! この一言に尽きます!

まずお湯が冷めないのに驚きました。当然、追い炊きの回数が極端に減りました。
アクリル人工大理石の浴槽、スベスベ、ツルツルで気持ちイイ!
短い足を思いっきり延ばして入れる解放感!(当たり前だが)
標準装備の「クリヤミラー」水(湯)を掛ければ長時間曇らずクリヤーな状態が続きます。
(おっさんの裸なんか見たくもないが) 髭剃りがしやすい。
真冬でも浴室内がすぐに温まります。(素晴らしい断熱性!)
逆に夏は換気扇を回していないとのぼせそうなくらい暑い。(熱い)
心配していた床も想っていたほど冷たくはない。
残り湯を洗濯に使うため蓋をして翌朝、開けてビックリ!
    湯気が上がった・・・手を入れると「あったかいんだからぁ~」
数分の追い炊きで入浴できるレベルだった。(11月頃)
シャワーフックが硬く角度調整がしずらい。構造上硬さの調整が出来ないらしく
交換してもらった。交換品も最初は問題なかったが徐々に硬くなってきた。
これは製造メーカーの問題だろうがこんなモノ採用しているタカラ、しっかりしろ!

唯一失敗したのは・・・・・コレはお風呂の問題ではないのですが
お湯の配管の取り回しが悪くシャワーのお湯がなかなか出てこない事。
お湯の配管が給湯器から一旦、脱衣所の床下へ延びて
そこでキッチン、洗面台、お風呂へと分岐させています。
設備業者さんが言うには万一のトラブルに対処するためだそうですが
おかげでシャワーにお湯が届くまで約10秒水が出続ける・・・・・
その間、足元へ冷水を流しながら待っている状態。水が勿体ない。
       毎回少しイラッと来る

ココは設備業者さんとよく相談して可能なら最短距離で
配管を通して貰うのが望ましいですね。


以前もそうでしたが窓が小さく通常の換気扇だけでは
浴室内がなかなか乾きません。そしてやっぱり・・・・
コーキングの部分にうっすらとカビが発生。3月中旬頃だったと想う。
よく見ると水滴が乾いた跡があちこちに・・・・白いリング状でガリガリして取れないヤツ。
これはメーカー、グレード問わず共通の問題ですねぇ・・・・・

   ~~どうやったら綺麗さを保てるのかなぁ~~

ちょうどアフターサービスで覗きに来てくれた営業さんにグチると
他のお風呂好きのお客さんの例として、とある方法を教えて頂いた。
それを自分なりにアレンジして実践しています。
それについては機会がれば書く事にしてここでは割愛いたします。


                     次回はシステムキッチンです。



我が家のリフォーム 浴室 前編

そもそもリフォームのきっかけが「足の延ばせるお風呂が欲しい」
奥さんのこの一言であります。

元々、サイズは内寸160cm×130cm(約) いわゆる「1613」と呼ばれる物
現在、戸建てでは標準の160cm×160cm(通称1616)にしたい。
浴室のサイズが大きくなるのだから間取りも変更しなくてはならない。
で、あーだこーだ言ってるうちに気が付けば1階部分ほぼ手を入れる事となったわけです。


1992年、新築時に施工されたユニットバス TOTO製

IMG_150521-1.jpg
  浴槽はFRP、壁、床はタイル

工事前に監督さんからの注意が・・・・
「もし、解体してみて水漏れなどによる被害があれば修理、補強などに
別途費用が掛かりますのでご理解ください。」
私「どの位かかる物なのでしょうか?」
監督「状況にもよりますが万が一シロアリにやられてたら大変な事に・・・」

         ドキドキ・・・・・


結果的には、運よく水漏れの形跡などもなく綺麗な状態でしたので
そのまま工事を進める事が出来ました。

IMG_150521-2.jpg

写真の真ん中に写っているのが浴槽の裏側。その奥のこげ茶色の物が浴槽の側面
右下に少し写っているのが洗い場の床裏。
ベニヤ板の補強材、木の脚で構成されていました。
とは言え、木部むき出しではなくエポキシ樹脂らしきもので
コーティングはしてありましたので腐っているような感じはありません。
写真には写っていませんがタイル壁の裏は石膏ボードの硬いような
コンクリートに繊維を混ぜたような・・・よく解らない感じの板。
それにタイルが張り付けてあるだけの物。

解体してわかった事。 断熱材はまっ・・たく使われていません。

   冬場、寒いはずだわ・・・・・・・・・・



話が前後しますが・・・・・お風呂選びについて

ユニットバスは複数のメーカーから販売されていますが
それぞれに特徴がありどれも魅力があります。
工事業者様のお薦めもあるでしょうし予算も検討しなくてはいけません。

お風呂選び、我が家の場合

最後に決めたたった一つのお風呂を20年以上毎日使うのだから
よ~~~く考えて決めよう。
でも、決めてしまえば後はそれ以外のお風呂に入ることはないのだから
比べようが無い訳で良いか悪いか解らない。  って事??

比較検討の段階で色々悩みましたがテレビCMの影響は大きいですねぇ。
奥さんがTOTOの「ほっカラリ床がいい」と・・・・
CMから受ける印象では床の水がみるみる引けてすぐに乾いた状態に
なると想っていた。実際にはそんな事はないだろう?調べてみた。
「翌朝には乾いています」(カタログに記載あり)・・・それ普通じゃん。
タタミのような軟らかい足ざわり・・・樹脂の柔軟性が20年保たれるのか?
経年劣化で硬化してひび割れとかしない? メーカーの返答は
「計算上10年は大丈夫です」 え?? 計算上?・・・ たった10年?
裸足で踏んだ時にヒヤッとしない・・・・乾いてればね。
濡れてたら水は冷たいでしょ。お湯だってすぐに室温近くまで冷えるもの。
しかし、TOTOは他のメーカーに比べて目地、コーキングを使っている部分が
少ないように感じた。これは魅力的!カビで悩まされる所は
なんと言っても目地、コーキングの部分だから。
そして壁パネルのデザイン、色が豊富で見た目は魅力的ではある。

工事業者様から「当店はLIXILをお勧めしています。
値引きは50%です! おおっ!半額じゃん!  いやチョットまてよ・・・
100万円の半額50万円より70万円の3割引き49万円の方が安いよなぁ・・・

「値引き率に惑わされてはいけない」 ココ大事な所!

LIXILならこのプラン、TOTOならこのプラン、と言うように
各社のお気に入りプランの実勢販売価格の
相見積もりを取って検討する方が良いように思います。
※LIXILはカタログ表示価格が少し高めの設定に感じます。

さて、LIXILの印象はデザインが洗練されているって感じがしましたね。
後は可もなく不可もなく・・・普通・・・

何となく立ち寄ったタカラスタンダードのショールーム
「客がいない・・・」おかげで丁寧に説明をして頂けました。
デザインが・・・・ダサい・・・古い印象はある。
しかし、なんと言っても「高品位ホーローパネル」「耐震設計」など
タフな感じが頼もしい。他のメーカーとは一線を引く独自の発想、仕様なので
同じ土俵で比べるのに違和感さえ感じます。
例えば、洗い場床、他のメーカーは樹脂製が主流の中「磁器タイル」を
メインにしている。価格設定が安い!(値引き率が低いのだが正直な価格とも言える)

パナソニック・・・・・・
ショールームへ行っても客が多くてまともに話も聞けない・・・・
あれこれ観てもカタログを読んでもコレと言った特徴、魅力が解らない。

    ならLIXILでいいじゃん。    対象除外



正直言ってどこのメーカーでも保温性や快適性と言った
基本性能は非常に高いと想います。オプションも充実してるし・・・・
じゃあ、何を選んでもそんなに変わりはしないのではないか?
そうなると本当に決め手になる物が見当たらないと決められない。

お風呂はこれから長期間、毎日使うものだし
リラックスする場所でもあるのだから満足する物でありたいよねぇ。
仮に「コレでいいじゃん」と決めたとする・・・後で気に入らない所が見つかると
「何であの時にちゃんと・・・」と後悔するだろうなぁ・・・・
ならば無理やりにでも「〇〇があるからコレにしよう!」としておいた方が
納得できるのではないかなぁ・・・・

で、カタログの角が擦り切れるほど見比べて検討する事になる。

                           後半へつづく

我が家のリフォーム報告

我が家は2013年9月~10月にかけてリフォームをしました。
築20年を超え、水廻りが弱る頃だし、足を延ばせるお風呂が欲しい。
そんな事から「じゃあやろう!」と言う訳で見学会やショールーム等
色々観て廻り情報を集めました。そしてインターネットによる
情報収集では業者関係よりも実際にリフォームされた施主様のブログ
これはいい勉強をさせて頂いた。と感じております。

リフレッシュした我が家で1年半ほど暮らしてみて
「コレは良かったな」とか「ああ・・失敗したな」とか
そんな感想をまとめてみようと想います。

リフォーム(新築も含めて)を計画されている方が
何かの拍子にこの記事に行きついて眼を通してくださり
何か一つでも参考になればいいなぁ。

あくまでも私たちの考え、好み、感想であり
特定のメーカー様、他人様の好みや生活スタイルを
批判、否定するつもりはありませんので誤解の無いようにお願い致します。

大切なお家に手を加える訳ですし、大きな出費になります。
まずは自分たちはどうしたいのか、家族でよ~~く相談しましょう。
そして信頼置ける業者様を見つけましょう。(当たり前だわなぁ)
業者の言いなりになったり、「これでいいんじゃない」と深く考えずに
決めてしまうと後で後悔する事にもなりかねません。
素人の意見、希望もちゃんと聞いてくれて解りやすく説明して下さる
そんな業者がいいですよねぇ。
幸いにも我が家の場合長いお付き合いをさせて頂いている業者であり
現場監督は学生時代の先輩だったので安心してお任せできました。

次回から・・・・

浴室について

キッチンについて

トイレ、洗面化粧台について

その他いろいろ・・・・

と、書く予定です。



終わった・・かな

長いようで あっ という間の工事がほぼ終了。


そして、注文していた家具が次々に届き・・・・・

避難していた備品等の定位置を模索しながらの片付け
新しい設備の使い方の確認・・・・・

 
あとは業者さんと細かい所の手直しの確認で・・・終わり  のハズです。


IMG_131119-7.jpg
こんなダイニングが・・・・・・

IMG_131119-1.jpg
    このようになりました。

リビングで使っていたローテーブルに脚を付けて貰って
ダイニングテーブルとして使う事にしました。
ダイニングチェアーも家具屋さんを廻って各々お気に入りの物に・・・

IMG_131119-3.jpg
キッチンとの境に小さなカウンター風の笠木を作ってもらって乙女さんと大和君の写真を飾る事にしました。

   ご飯食べてると視線が痛い・・・・・




IMG_131119-8.jpg
バセットグッズであふれたリビングが・・・・

IMG_131119-2.jpg
テーブルが小さくなったせいもあって広くなった気がする・・・
私的にはチョット殺風景で淋しい・・・少しづつバセグッズを戻そうか・・・・



IMG_131119-6.jpg
キッチンも

IMG_131119-4.jpg
明るく広くなりました。


こだわってしまった床


IMG_131119-5.jpg
   パイン(松)の無垢フローリング

意外にも価格的には一般的なフローリングとたいして変わらない。

コレが裸足で歩くと最高に気持ちイイ!
但し、軟らかいのですぐにキズが出来る・・それも含めて上手く付き合って行ければ
「使い込んだ独特の風合い」の床になることでしょう。  楽しみ・・・・・

で、「最初が肝心!」と、言う訳でサンドペーパーをかけて表面を滑らし
ワックスをかける事に・・・・・

サンドペーパーを400番、800番、1000番と徐々に目の細かいものに替えて
表面を磨き、木の良さを生かしつつ汚れ防止のため、蜜蝋ワックスで仕上げました。



   どうも張り切りすぎたようでやたら滑る・・・・・

着々と・・・・

構造体の工事はほぼ終わり、新しい設備が着々と設置されてゆきます。

IMG_131101-1.jpg
 キッチンが到着しました。

トラックから庭(駐車場)に次々降ろされるのを見てると
「こんなに台所に入るのか?」とビビるくらい”かさ高い”・・・・・


IMG_131101-2.jpg
   レンジフード等、上から設置が始まります。



同時に洗面脱衣所では内装業者さんが床貼りを進めています。

とあるお家のリフォーム見学会にお邪魔させて頂いた折に脱衣所がコルク床で
「いい感じですね」って愛想したら奥様が「裸足で歩くと気持ちいいのよ~っ」
また、「フローリングやビニール床なんかと比べ物にならないわ!!」と・・・・
奥様大絶賛だったのでそれを信じて洗面脱衣所はコルクタイルにしました。

「水に弱い」だの「すぐカビる」だの反対意見も色々ありましたが
ワインの栓はいまだにコルクだし昔の一升瓶やビール瓶の栓の裏側なんか
コルクだったんだからそんなにヤワじゃないだろう?
ダメになったらその時考えよう。 と言う訳で思い切りました。


IMG_131101-4.jpg
コルクはほとんどスペイン製なんだとか・・・・



IMG_131101-5.jpg
   大工さんはリビングの床貼りの大詰めです。

「家っちゅうモンは直角のようでそうでない、直線のようで曲がってるモンなんや。
だから最後に合うはずのモンが合わなくなる事はよーある事なんやで」

   最後の収まりに苦労されてました。

IMG_131101-3.jpg
  キッチンではほぼ型が出来てきました。

しかしガス器具の設置、配管、給排水の配管などが済まないと単なる大きな箱にすぎません。

この日はキッチン専門業者さん、大工さん、水道屋さん、ガス屋さん、内装業者さん、監督と・・
たーくさんのおっさん達が出たり入ったりで大忙しの一日でした。
(カメラを持ってウロウロしてる私がいっちばん邪魔ですなぁ・・)


IMG_131101-6.jpg
   お風呂同様「タカラスタンダード」製です。

デザインがダサいだの、機能性が悪いだの他のメーカーと色々比較検討しましたが
やはり長期間使うものだから「ホーローパネルのタフネスさ」が決め手となりました。
以前の流し台もタカラスタンダードだったんだけど、さすがに古ぼけてはいたけど
サビもなく歪みもなく丁寧に掃除すれば綺麗だったので信頼して決めました。

最近主流となりつつある「人造大理石天板」臆病なのかイマイチ信頼できずに
ステンレス天板で落ち着きました。



IMG_131101-7.jpg
翌々日、洗面化粧台が設置され、疎開先から洗濯機が帰還。



   あと少しで完成・・・・かな?
プロフィール

乙女ぱぱ

Author:乙女ぱぱ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR